はじめに事例一覧研究一覧吸引/プレゼンアンケートコーナープロフィールプロセスダイアリー今日の吸引サブ研究「こねる」こねる/プレゼンRSS|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

手ごねパン作り体験

三軒茶屋のBead House Sarah

こね体験パンづくりを教えていただきに行ってきました!

この日作ったのはアーモンドパン。
初心者でもこねやすいよう、バターが少し多めです。

強力粉・ドライイースト・砂糖・卵の分量を計り、
ボールAへ。

ボールBには強力粉・塩・バターが入っています。

Aのボールに、計量した水を、ドライイーストめがけてかけたら、

混ぜの始まり始まり!

粘りが出てきたら、ボールBの材料を加え混ぜ、粉っぽさがなくなって来たら

いよいよメインイベント 「こね」 の始まりです!! わーっ


たてに伸ばしながらこねていくイメージ。

(画像予定)

力が入りすぎていて最初はうまく行きませんでした・・・(^^;)

先生いわく、「イースト菌ちゃんと対話してね」だそう。
「イースト菌が生きてるから、かわいいかわいいって思ってこねると美味しくなるのよ」

パン2小

ある程度こねたら、生地を丸め、とじ目を下にしてボールにいれラップします。

〈一次発酵〉25~35分

イースト菌ちゃんたちが頑張ってくれています。

フィンガーテスト
粉をつけた指を入れて戻し、生地がついてこなければOK.

ガス抜き
げんこつで、やさしく生地の中の炭酸ガスを抜きます。

※実はこのあたりから、「こね」ではなくなって来たので飽きて来ま ゴホンゴホン!


計りとスケッパー↓
sk2.jpg

で8分割し、

ベンチタイム
5~10分

ガスを抜き、

丸め直し、リング上に型に入れる

二次発酵
40℃で20~25分

二次発酵が終わったら焼きます!!
ここでアーモンドスライスをかけ、オーブンにいってらっしゃい!!



そして・・・

おかえりなさい、オーブンから帰って来た時にはこんなにおいしそうになってしまって!
パン6小


1つ目を美味しくいただき、

パン7小

残りは家族に持って帰りました!
丁寧にご指導いただいた千装先生、ありがとうございました!!




「こね」に対して

やはりパンの「こね」には、幸せ感がある。

イースト菌との対話もあるだろうし、
生きてるものを触っているから、手からいい気が入ってくるそうだ。

一緒にパン作りをしたベテランの女性の方からは、

「パンのこねているうちにつやっとしてくるかんじ、

 きめ細かくなってくる感じが好き。

 生地が変わった瞬間がわかると嬉しい。

 力を入れればいいってもんじゃないし、奥が深い。

 イースト菌ちゃん頑張ってね♡と思いながらこねているんですよ。」

というお話を伺うことが出来ました。



「こねているうちに変化してくるのがわかる」


これは重要なワードかもしれません。



  1. 2011/06/16(木) 18:43:12|
  2. サブ研究「こねる」|
  3. トラックバック::0|
  4. コメント::0

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://kyuincom.blog.fc2.com/tb.php/55-38f9c01d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。